2013年05月30日

教室オープン

ホントは4月開講しようと思っていた英会話教室。

今の本業との両立が難しいっていうのと、準備不足、それから
考え直したことがあり遅れてます。

4月にみんな、小学校にあがったり新しいクラスになったりで、とっても不安と緊張でいっぱいのこの季節。そんなときに新たに習い事までしたりしたら、パンクしちゃわないかな。
それから、まだ新しい勉強にも慣れてない時期だし・・・。

じゃあ、新学期に開講、じゃなくて、ずらして秋開講でもよいかな〜って。
(ちょっと言い訳も入ってる?)

でも・・・でも、秋に開講できるだろうか。不安。
中途半端に開講していまいちなスクールにはしたくないしなぁ。
そして、そのときは今の本業はとりあえず辞めなきゃ無理よな。
山積みの問題。でも考えても仕方ないか!とりあえず準備しよ。
ラベル:英会話 英語講師
【関連する記事】
posted by irlam at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

幼児への英語教授法

久しぶりの更新。
昨日は幼児へ英語を教えよう講座を受講。
10:00〜15:00というハードスケジュール、でも内容が濃すぎてあっという間に終了。
私の課題、それはシンプルに指示できない、ということ。
自分は話すことができる。でも子どもに説明するときに4つのSを意識してできているのか・・・
それを改めて実感させられた講習会。
ネイティブとか帰国子女とか、どんなに上手に英語を話せる人でもテクニックのある指導者になれるわけではない、というのはこういうところにあるんだろうな。
英語が身近にある環境で英語を習得する場合と、英語が日常にないところで第2外国語として英語を学ぶ場合の違いを徹底的に研究しているmpi。今、乳幼児保育の際にも英会話教育を取り入れようとしているけれど、ここのボーダーラインがあいまいになっているからムダ金を使うことになっているんだと思う。
本当にいい学校に出会ったなぁ☆
posted by irlam at 09:31| Comment(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

外国語を教えること

私の目標は自宅で外国語教室を開くこと。
自分の語学力はさることながら、教授法についても目下勉強中。

かつて、うちから車で40分くらいのところにある、オールネイティブ講師を売りにした
教室で、ほんのちょっとだけ働いたことがある。
確かにみなさんが英語のみで職場をまわしてて、外国っぽい雰囲気。
初めてきた人は、雰囲気に圧倒されて感動すると思う。
でも、裏にまわってみれば・・・
実はそんなに子供が好きじゃない人だったり。
日本人を心の中ではバカにする帰国子女だったり。
生徒との人間的な関わりには興味なくて、陰ではお客様、と呼んでいたり。

「だまされてますよ〜!!」

っていいたいことばっかり。しかも数万円の月謝。一般家庭では無理では?
と思うんだけど、結構通わせてて。

英会話教室ってなんだろう?
大人で、ある程度英語がわかるのであれば、ネイティブの人とコミュニケーションするという目的で、ネイティブ講師はいいと思う。
子どもでも、ずっと英語を聞く環境なのであれば、ネイティブの人がいいと思う。
でも、1から始める、母語の日本語が確立した子どもが週1回英語を勉強するのに、別に外国人の先生でなければいけないということは、ないのでは?

ま、確かに上記の英会話スクールをずーーーーっと続けてれば、語学力はつくだろうけど。
でも数万円、最初はよくても、だんだんほかの習い事が入ってきたり、塾に行かせなくては
いけなくなったとき、継続できるかしら。
途中でやめてしまうと、年間30万は超える金額×〜年分の労力は、ぱぁ。結果、0です。

私は、最低でも15歳までは継続できるようなシステムにしたいなぁ、と思う。
posted by irlam at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。